カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
「三種類のゲージを渡る踏切」
三岐鉄道北勢線 西桑名第2号踏切

三岐鉄道北勢線の西桑名駅から南に数分歩いた所にある「西桑名第2号踏切」である。
この場所は知る人ぞ知る三種のゲージを歩いて渡れる日本唯一の踏切なのだ。

特殊狭軌 三岐鉄道北勢線

手前にある線路は三岐鉄道北勢線である。特殊狭軌(ナローゲージ)で軌間は762㎜と大変狭い。
日本に現存する特殊狭軌は、この三岐鉄道北勢線のほかに、近鉄の内部線と八王子線、そして黒部峡谷鉄道の4路線しかなく、今となっては大変貴重な路線となっている。

狭軌 JR東海関西本線

真ん中にある線路はJR東海の関西本線だ。こちらは狭軌で軌間は1067㎜と国内で最も多いタイプ。
この場所はJRの「構内踏切」となっていて、JR線を渡りきった中央付近には遮断機もある。

標準軌 近鉄名古屋線

最後に一番奥にある線路が近鉄名古屋線だ。見た目にもすぐわかる幅の広さ。
標準軌で軌間は1435㎜もある。こちら側の踏切は「益生第4号踏切」と呼ばれている。

なんと特殊狭軌と標準軌では約2倍弱も線路の幅が違うのだ。

ちなみに阿下喜駅に隣接する「軽便鉄道博物館」の方に伺った話では、三岐鉄道北勢線の比較的新しく付け替えられた区間の架線柱やホームなどは、線路幅に対して余裕をもった間隔になっていて、将来的には狭軌に改軌される計画が進んでいるとの事。
更にはこの踏切の先で北勢線は高架でJRと近鉄を越えていくのだが、その辺りから西桑名駅周辺までを含めて大きく変わる計画まであるとか。

この大変貴重な踏切や特殊狭軌の路線を体験できるのは今のうちといった事になってしまうのか。
路線の存続という大問題を抱えてはいるが、このまま特殊狭軌を残しての存続を願って止まないのは僕だけではないはず。 ガンバレ 北勢線!

(三岐鉄道 西桑名駅付近 2010年1月3日撮影)
三岐鉄道 | 2010/02/12(金) 14:49 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。