カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
撮影者の皆さまへひとこと
今日の小湊鉄道「飯給駅」は桜が開花して始めての日曜日という事もあり、朝の6時前の時点ですでに15人くらいはいました。
列車が来る頃には50人は軽く超えていて、昼間はもっと大勢の方々が撮影に訪れていたことだと思います。

飯給駅に限ったことでは無いですが、道路を塞いで路上駐車する人や、路上や線路の敷地内まではみ出して三脚や脚立を置いて撮影する人、それに列車が通過していない内に騒ぎ出したり移動を始めたりする方々が増えています。
挙句の果てには植物や畑を踏み荒らして行く人までいます。
僕は「里見・飯給・上総大久保駅」で、たった一日のあいだにこのすべての行為を目にしました。

言うまでも無い事ですが私たちは住民の方々の生活空間にお邪魔させていただいているのです。こんな素敵な景観を長い時間を掛けて築きあげたり保全をして下さるのは鉄道会社や地元の方々なのです。

幸いにも小湊鉄道といすみ鉄道沿線の住民の方々は、昔ながらのふれあいと人情をもって私たちに接してくれています。

しかし今のままでは先人達が築き上げてきた信用が何時崩れてもおかしくないのが現状だと思うのです。
そうなれば地元の方との会話が無くなり、やがては旅情も消えていく。そしてこの美しい風景や雰囲気に接することができなくなってしまいます。

僕は日本を旅する間に身に染みて実感したのですが、すでにそうなってしまった所が少なくありません。

どうかこの素晴らしい日本の風景をこれ以上無くさないで下さい!

そういう行為をする心無い人が旅情をテーマにするこのページを目にするはずは無いと思いますが、この様な人たちに遭遇したらその場で注意してあげてください。ひとりで言いづらければ周りの方々を巻き込んで言ってあげてください。

僕も率先して行動します。
私たちの手でこの素晴らしい日本の風景を守ってあげましょう。

(akabara)
独り言 | 2010/04/04(日) 19:57 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。