カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
「光と闇」
光と闇

平穏をもとめて均衡を保とうとしても、
いつかはバランスが崩れ光と闇をいったりきたり。
そして調和振動の末、また均衡な世界に戻る。

光だけを望もうが望むまいが、
光と闇はいつも隣り合わせ。
どちらを選んでももう片方がついてまわる。

放っておいても平穏に戻るなら、
いっそのこと両方とも受け入れてしまおう。

光の中の闇、闇の中の光、
お互いが一番輝くのはそんな瞬間だ。

いつかくる臨終の瞬間に思い出すのは、
平穏で均衡な事ではなく、
そんな光と闇なのかも知れない。



(群馬県 わたらせ渓谷鐵道 神戸~沢入間 2014年4月13日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2014/04/16(水) 00:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する