カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
ローカル線の旅 「飯山線」#1 ~上境駅からいいやま湯滝温泉へ~
上境駅
(飯山線 上境駅)

十日町駅から飯山線に乗って上境駅にやってきた。
列車を降りるとまずは駅舎の新しさが目についた。
近年、飯山線では駅舎の建て替えが進んでいる。味のある古い駅舎が取り壊されてしまうのは寂しいのだが、僕はこの路線だけはいたしかたないと思う。その理由には、他の路線と違って冬場の積雪が半端じゃなく屋根に積もった雪の重みで建物が潰れてしまう危険性があるからだ。
最近建て替えられた駅舎は各駅毎にデザインは微妙に違うが、それ以外はほぼ共通した作りとなっている。積雪しにくい三角屋根とシャッター付きの除雪機置き場が標準装備され、待合室のドアは雪や風が侵入しにくく気密性の高いものになっている。これなら真冬でも駅舎としての機能を維持できるであろう。

この駅で降りたのには2つの目的があった。それは駅から徒歩3分のところにある「いいやま湯滝温泉」に行くため。そしてちょっと遠いが千曲川対岸の国道の橋の上から飯山線の列車を撮影することだ。
今回はその温泉を紹介したいと思う。


いいやま湯滝温泉
(いいやま湯滝温泉)

駅前の通りを右に出て下り坂を進むと、千曲川に架かる青い橋の手前に「いいやま湯滝温泉」が見えてきた。
入場料400円を支払い建物の中へ進むと通路の壁に「飯山線の旅」と題された鉄道写真のミニギャラリーがあった。「滝澤とよみつ」さんという方の作品で、季節感あふれる素晴らしい作品が展示されていた。、氏は長野県出身で国鉄時代から電車と気道車で主に長野県内の路線の運転士として乗務されていた。どうりで地元の方(さらには運転士)にしか分からないであろう沿線風景のツボを押さえた際立った作品が出来るわけだ。とても感動したのと同時に僕もこれからの作品意欲を大変刺激された。

この温泉には内風呂と露天風呂があるのだが、冬季は内風呂と露天風呂を繋ぐ野外通路が通れないので、迷わず露天風呂へと向かった。脱衣所を抜けて外にでると十人は余裕で入れるであろう石作りの大きめな湯船があった。泉質は弱アルカリで湯温は少し温めと万人に受け入れられそうな温泉である。尖った湯ではないので温泉好きには少々もの足りなさも感じるが、なんといっても千曲川の畔というロケーションの素晴らしさがこの温泉の魅力である。雪山を眺めつつ川のせせらぎをバックに爽やかな風を浴びて入る湯はとても気持ちがよかった。


「みゆきポークカツカレー」と「紫米笹寿司」
(みゆきポークカレーと紫米笹寿司)

ひと風呂浴びて受付を出た先に食堂があった。ちょうど昼時なのでここで食事をすることにした。
「みゆきポークカツカレー」を注文してみたのだが、このカツは「北信州みゆきポーク」というブランド豚で調べてみるとわずか5件の農家で年間5000頭程しか生産されていない貴重なものであった。味のほうはマイルドでやさしい味である。とくに脂身はクセがなく普通の豚とは別物であった。今度訪れたときにはカツカレーではなくとんかつ定食にしてみよう。

もうひと品「紫米笹寿司」も注文してみたのだが、カツカレーだけでお腹が一杯になってしまったので持ち帰りにしてもらった。「笹寿司」とは長野県の郷土料理で、笹の葉の上に寿司飯と具や薬味がのせてある。この笹寿司には紫米という珍しい薬用米が用いられていて、山菜と錦糸卵に紅ショウガ、そしてクルミがトッピングされていた。ホテルに帰ってから夜食にいただいたのだが、大変おいしかったので一気に全部食べてしまった。皆さんにも是非お勧めしたい。


千曲川対岸から見た上境地区
(千曲川対岸から見た上境地区 写真の中央付近が上境駅)

温泉とおいしい料理ですっかり満足した僕は、青い橋を渡って千曲川の対岸へと渡り、飯山線の撮影地へと向かった。

次回は上境~上桑名川間の撮影地をご紹介します。

(すべての写真 2010年3月20日撮影)
JR飯山線 | 2010/03/23(火) 22:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。