カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
「小さくて大きな贈り物」
小さくて大きな贈り物

ある日のこと、由利高原鉄道ITアドバイザーの山田氏から一通のメッセージが入る。
内容は由利鉄関連のブログ記事転載依頼であった。
久しぶりに由利鉄の公式Webを拝見させていただくと、
以前とは見違えるほどの豊富なコンテンツとその魅力に氏の熱意を感じ二つ返事で快諾。
そしてfacebookに隔日で転載記事が紹介され、先日その連載を終えた。

そんな事もあって2年前に由利鉄を訪れたときの頂き物を飾り棚から引っ張り出してみた。
左は矢島駅ご近所の方お手製の「おばこのしおり」を駅売店のまつこさんから頂いた。
右のふたつは矢島駅で切符を購入・乗車した際に由利鉄職員の方からいただいたもの。

ご覧になってわかると思うがこれらすべてが手作り。
土産物屋に並べばそれなりの値段がするであろう出来栄えだ。

この土地が大好きで誇りでもある人達の
あたたかな気持ちがこもった旅人への小さな贈り物。
でも未だに心に残る大きな大きな贈り物。
また旅しに行くからね。



(2011年5月3・4日 秋田県 由利高原鉄道 矢島駅にて頂戴した物)

由利高原鉄道沿線は何もないけれど失われた日本の風景がたくさん残る素敵な所です。
旅行のようにあわただしく観光せずに、のんびりと滞在してみてはいかがでしょうか?
由利高原鉄道 web    由利高原鉄道 facebook

由利高原鉄道 | 2013/04/25(木) 22:57 | Trackback:(0) | Comments:(4)
写真転載のご承諾並びにご紹介、ありがとうございます。無名に近い弊社にとって、美しく撮影頂いた写真は大変有難く、実際、反響も大きなものでした。また、記念品への暖かい眼差し、つくっているまつ子さんや列車アテンダントの励みになります。改めて感謝申し上げます。
2013/04/26 金 18:46:11 | URL | 山田 #-編集
山田様、この度の転載では色々と勉強させていただきました。
ご覧下さった方からのお声や反響などを得れたのは
自身への励みとなり、また良い刺激にもなりました。
こちらこそお礼を申し上げます。

自分の好きなことで続けているこのブログが
自分の好きな鉄道会社様のお役に少しでも立てるのなら
これほど嬉しいことはございません。
貴社の益々のご発展をお祈り申し上げます。

ふらりと休日列車旅 根本陽一
2013/04/26 金 21:38:21 | URL | akabara(管理人) #ek.3C4W2編集

由利高原鉄道~とってもステキなローカル線ですね。今までわ鐵しか撮っていませんでしたが、地元の人に愛され、継続している第三セクターは日本各地にあるのですね。由利高原鉄道さんのホームページも覗いて来ました。本当に頑張っていますね。とっても親しみを覚えました。akabaraさんのブロクのページとも相まってステキですね。これからも日本各地の鉄道、それぞれの物語を、美しい写真とともに発表して下さいね。楽しみにしています。
2013/04/28 日 10:56:01 | URL | n_noel #c8IeV.EI編集
由利鉄公式Webまでご覧くださりまして有り難うございます。
オススメですので是非行ってみて下さい!

アクセス難だったりメディアへの露出が少ないなどの影響で、認知度が低かったりする穴場的なローカル線が日本にはまだあるのですよね。
そういった非日常と新鮮さを味わえる路線をもっとご紹介できたらなと思いますので、これからも本ブログをどうぞよろしくお願いいたします。
2013/04/28 日 22:06:27 | URL | akabara(管理人) #ek.3C4W2編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する