カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
「どんな味?」
どんな味?

山の谷間を吹き抜ける風に
ゆらゆらと揺れる蕎麦の花。

そのソバ畑から扇風機の羽音みたいなものが
そこかしこから聞こえてきた。
よく目を凝らしてみると沢山のミツバチが舞っている。

蕎麦の花とミツバチ

おいしそうに花の蜜を吸っているミツバチ。
それを見てる僕の頭には
おいしそうな蜂蜜と
山盛りのお蕎麦が浮かんでる。
蕎麦に蜂蜜かけたらどんな味かな?

こんな他愛のないこと考えるのは
どこかを旅してる時くらいなもの。
平和だね~。



(JR水郡線 上小川~袋田間 2011年9月18日撮影)

 そば畑のそば(一応シャレのつもり)でカメラを構えていたら、すぐそば(しつこい)にある民家の年配のご婦人がそば(まだ言うか)に寄っていらしたのでお声を掛けてみました。
 聞けばこのそば畑の地主さんだそうで屋敷の中には大きな栗の木も実をつけていました。「気持ち良い風が吹き抜けるし静かでよい所ですね」と言うと、「住んでるとな~んもなくて面白くないけどそう言ってくれるのかい。写真まで撮ってもらってうれしいね~。ありがとね~」とおっしゃられて逆に恐縮します。この辺り(大子町下津原地区)の民家に銀色の屋根が多いので何故なのか尋ねてみると「大工さんに頼むとみんなこうだけどなんでかね~」と理由はわからずじまいでした。次回訪れるときまでに調べるかそれでも分からなかったら別のお家の人に聞いてみようと、いつの間にか再訪する計画を立てている僕です。
  
JR水郡線 | 2011/09/24(土) 22:43 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。