カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
「記憶に残る車窓~心字雪渓」

(心字雪渓)

今年の桜の咲く頃に秋田県の由利高原鉄道を訪れたとき、
沿線で見た鳥海山は残雪に覆われ真っ白な山容であった。
その時以来、夏場に現れるという「心字雪渓」を
是非この目で見てみたいという思いが募った。

その願いを叶えるため7月も半ばにさしかかる頃、
僕は秋田発の特急列車に乗って新潟を目指し南下する。

羽後本荘駅が近づくにつれ、車窓左手に鳥海山が見え始める。
駅を過ぎて間もなく鳥海山の山肌にある雪渓がはっきりと姿を現す。
そこには確かに「心」という文字が浮かんで見えた。

今度は山の木々が色づく姿を見てみたいと欲が出る。
そして記憶に残る車窓がまたひとつ増えた。



きらきら日本海
(夏の陽光を浴びてきらきらと光る日本海)

 秋田を出て前記の由利本荘駅までの間には、車窓右手にご覧のような日本海を見ることができます。
羽越本線はそのほとんどが日本海沿いを走る絶景路線。新潟県に入る頃に運が良ければこちらのような光景も。
 春の由利高原鉄道からみた鳥海山はこちらでどうぞ。


1枚目(JR羽越本線 西目~羽後本荘間 いなほ14号の車窓から 2011年7月10日撮影)
2枚目(JR羽越本線 羽後亀田~岩城みなと間 いなほ14号の車窓から 2011年7月10日撮影)
JR羽越本線 | 2011/07/26(火) 23:08 | Trackback:(0) | Comments:(2)
恥ずかしながら「心字雪渓」は初めて聞きました。
鳥海山をよく知る方々でしたらもちろんご存知なのですね(^^;

先日の旅では僕も鳥海山を望むことができました。
鳥海山に日本海の車窓、羽越本線また乗りに行きたいです。
2011/07/27 水 22:47:34 | URL | nori #GCA3nAmE編集
noriさん、いつもコメントありがとうございます。

> 恥ずかしながら「心字雪渓」は初めて聞きました。
> 鳥海山をよく知る方々でしたらもちろんご存知なのですね(^^;

僕もたまたま「鳥海山」の事を調べていたら偶然知ったものでして(^^;

雪渓が「心」の字になる期間は限られているようなので、
タイミング良く見れて運が良かったのかもしれませんね。

> 先日の旅では僕も鳥海山を望むことができました。
> 鳥海山に日本海の車窓、羽越本線また乗りに行きたいです。

そうですね。ただ車窓を眺めているだけで「旅してる」って実感できる路線ですよね。
2011/07/28 木 21:31:02 | URL | akabara(管理人) #-編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。