カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
「上州の野武士」
渡良瀬川を渡るデハ101

台風が過ぎ去り穏やかに晴れ渡る日曜日の朝のこと。

隣の駅を発車する列車のモーター音と、
鉄橋の対岸にある踏切の「チンチン」という警報音が
川面を伝って斜面を駆け上がり
山の上にいる僕のところまで聞こえてきた。

列車が姿を現しモーターの音が高まると、
ガタゴトと鉄橋を渡る列車の音が
眠りから覚めたばかりの桐生の街に響き渡る。

∽ ∽ ∽ ∽ ∽

電鈴踏切とデハ101
(電鈴踏切とデハ101)

「上州の野武士」と呼ばれる「デハ101」
鉄道の開業に合わせて作られたこの車体は昭和3年製造。
現存する電車では大変珍しくなってしまった
釣り掛け式モーターから発する独特のモーター音は
老いても現役であるのを誇るかのように確かな存在感を示していた。

そしてもうひとつ。左手に見える踏切は「電鈴式警報機」といって
電子音ではなく本当に「チンチン」とお椀型の鐘を打ち鳴らすアナログ音である。

∽ ∽ ∽ ∽ ∽

昭和の時代には当たり前の様に存在していた「釣り掛けモーター」と「電鈴踏切」。
JRでなく、大手私鉄でもなく、地方のローカル線でしか味わえない昭和の記憶。
まさに君主に仕えない「上州の野武士」をここ桐生の街に僕は見た。



Special Thanks (休日の朝にも関わらず撮影場所を提供して下さったご夫妻に感謝いたします)



(上毛電気鉄道 富士山下~丸山下間 2011年7月24日撮影)
上毛電気鉄道 | 2011/07/24(日) 20:50 | Trackback:(0) | Comments:(2)
緑を多く取り入れた上毛の写真は新鮮に見えますね。

独特のモーター音がするデハに昔ながらの踏切はいいですね~
いつまでもこの光景が残ってほしいものです。

富士山下駅近くの喫茶店、
久し振りに寄りたくなりました。
2011/07/25 月 18:19:17 | URL | nori #GCA3nAmE編集
> 緑を多く取り入れた上毛の写真は新鮮に見えますね。

ありがとうございます。
先週ロケハンしておいた場所には数名の先客がいたので、
他の場所を探そうと近くの住宅街の間をウロウロと歩いていたら
眺めのよい場所にお住まいのご主人から声をかけていただきとても幸運でした。

> 独特のモーター音がするデハに昔ながらの踏切はいいですね~
> いつまでもこの光景が残ってほしいものです。

そうですよね~。
板張りの床や油の匂いのする車内から吊革(本物)につかまって
釣り掛けモーター音のする中で車窓を眺めるのが大好きでした。
僕の世代ではSLよりこちらのほうが日常だったので、
よりいっそうノスタルジーを感じるのかもしれませんね。
今度行くときは動画で撮影してみようと思います。

> 富士山下駅近くの喫茶店、
> 久し振りに寄りたくなりました。

そうですね。
こうも外が暑いと長居してしまいそうですが(笑)

PS
ついでに両毛線の俯瞰場所をロケハンしていたらクマンバチの集団に遭遇しました。
少し動揺しましたが構わず前に進むと今度はスズメバチ御一行まで登場したので必死で逃げ帰りました。
次は熊でも出てくる気がしてビビッてます(泣)
2011/07/25 月 23:41:59 | URL | akabara(管理人) #ek.3C4W2編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する