カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
「赤城山」
赤城山

寒かった頃にはくっきり見えていた赤城山だが、
最近は春霞に隠れてなかなか姿を見せてくれない。
晴れて風が無くまだ気温のあがらない早朝を狙ったら、
ようやくその勇壮な姿を拝むことができた。

まだ気温は0度と低いなか、渡良瀬川に架かる橋や土手の上で撮影をしていると、
ジョギングやら犬の散歩やらと結構通りかかる人が多いのに少しおどろいた。
だが以外にもカメラを構えている僕に、皆が「おはよう」と笑顔で挨拶をしてくれるのが
ちょっと嬉しかったりして、とても清々しい休日の朝を過ごすことができた。

街の喧騒が始まる頃にはすっかり霞んで見えなくなってしまった赤城山。
もう春の訪れが近い。



 わたらせ渓谷鐵道の起点である群馬県桐生市。そして上州(群馬)名物なのが「かかあ天下とからっ風」 その冬のあいだ関東平野に吹き付ける季節風「からっかぜ」ですが、地元の人たちは「赤城おろし」と呼んでいます。 桐生市の北西にそびえるこの赤城山から吹き付ける北風は、僕も幼いころからずっと体験しているので慣れてしまっていますが、初めて訪れた方々などはその厳しい強風にきっと驚くことでしょう。
 余談ですが、いっぽうの「かかあ天下」の意味は言うまでもありませんよね。 え?「僕の家ではどうなんだ」ですか? ここで言うと後が恐いですから、みなさんのご想像におまかせします(笑)

(わたらせ渓谷鐵道 桐生~下新田間 渡良瀬川橋梁 2011年2月27日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2011/02/27(日) 20:21 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する