カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
「老師と少年」
沢入~原向間

川縁に敷かれた線路の上を、
生い茂る木々に抱かれるようにして、
一陣の風のように列車が通り抜けて行く。

深緑色をした山並みの木々が老師のように、
明緑色をした列車が若さ溢れる少年のように、
山奥で修業をする老師と少年をつい連想してしまう
夏のわたらせ渓谷であった。



 ここは草木ダムの先、県境を越えた渡良瀬川の上流です。川の幅も狭くなり大きな岩がたくさん横たわっています。今日の1ショット目をカメラに収めようと、県道から道をそれ山道へと登っていきました。
 途中の小川に架かる橋を歩くとヒンヤリと心地よい風が吹き抜けていきます。目的の場所にたどり着いたと思えば、なんと目の前に大人の鹿を発見。目を合わせた途端、あわてるようにして鹿は繁みへと消えていきました。国道から数分程しか登っていないのに凄いところですよね。そういえばこの辺りにはカモシカや熊も生息しているのですが、運よく僕はこれまで出会った事がありません。みなさんも、山に入る際にはよく注意してくださいね。(僕は山に入るとき、熊よけの鈴を携帯するようにしています)
トンボ

 ようやく草木を掻き分けて撮影ポイントでカメラをセットしますが、まだまだ夏の繁みは手強いです。汗だくになって列車を待ち構えていると、今度は近くの木の枝にトンボがとまっていました。 まだまだ夏は長そうだと思っていましたが、こんなところで秋の気配を感じてしまいました。

 処暑を過ぎても残暑が厳しいですが、着実に秋が近づいていますので、みなさんもう少しの辛抱です。どうかお体をご自愛くださいませ。


風っこわたらせ号
(わたらせ渓谷鐵道 沢入~原向間 2010年8月29日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2010/08/31(火) 19:47 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。