カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
ローカル線の旅 「肥薩線」#1 ~日本三大車窓「矢岳越え」~
今日から8月、残暑と呼ぶにはまだ早いですが、見日厳しい暑さが続いています。
ここでちょっと一息、涼を求めて冬の写真を掲載します。
「寒さ暑さも彼岸まで」もう少し頑張って夏を乗り切りましょう。


JR肥薩線 矢岳駅
(矢岳駅)

2009年の元旦を僕は肥薩線で迎えていた。
人吉を定刻に出発した「いさぶろう号」は
大畑のスイッチバックとループを抜けて矢岳駅に到着した。
ここ矢岳駅は肥薩線で最も高い場所にあり標高は536.9mである。
標高は高いが九州の南部で位置するので滅多には雪の降らない地域でもある。
しかし訪れたこの日は日本列島を厳しい寒波が襲っていて、
矢岳駅に着いた頃には辺りはうっすらと雪化粧をしていた。
元旦早々、空からの珍しい贈り物に
停車中の列車から降りた乗客たちはカメラ片手に大はしゃぎであった。
そして無人の駅を後にして列車は肥薩線のハイライトへと向かう。

日本三大車窓のひとつ「矢岳越え」
(日本三大車窓のひとつ「矢岳越え」)

日本の鉄道には昔から三大車窓と呼ばれるものがある。
北海道 根室本線の「狩勝峠越え」
長野県 篠ノ井線の「姥捨」
そして、九州 肥薩線「矢岳越え」である。

折しも降りしきる雪と厚い雲のおかげで、
遠くの山並みは見えなかった。
しかし雲間から差し込める陽の光がオーロラのように波を打ち
キラキラと光った雪が神秘的に舞っている。

居合わせた乗客たちもその光景に
固唾を飲んで見入っていた。

「矢岳越え」での車窓風景、今も鮮明に僕の記憶に残っている。



(JR肥薩線 矢岳~真幸間 2009年1月1日撮影)
JR肥薩線 | 2010/08/01(日) 21:33 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する