カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
「日本最古の鉄道鉄橋」
山形鉄道 四季の郷~荒砥間

衝立の様に背後に連なる朝日連峰。

手前の最上川に架かる3連のトラス橋は、
日本で最初の鉄道鉄橋「最上川橋梁」だ。

120年以上の歳月を経ても
その姿は威風堂々として貫禄がある。



 この「最上川橋梁」は橋の近くにある案内板(山形県置賜総合支庁)によると、1887年に旧東海道線の木曽川橋梁に日本で初めて架けられた鉄道鉄橋で、1886年にイギリスのパテントシャフト&アクスルトリー社によって製作されました。後の1923年に旧国鉄長井線(現在の山形鉄道フラワー長井線)に改造・転用され現在に至っています。
 この場所へは長井線の終点「荒砥駅」から徒歩5~10分くらいで行けます。写真の左下にある大きな木は桜で、桜の咲く頃には背後の山並みにも残雪が見られて、人気の撮影スポットとなっています。山形鉄道を訪れた際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

(山形鉄道 四季の郷~荒砥間 2010年7月3日撮影)
山形鉄道 | 2010/07/14(水) 19:47 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。