カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
「言葉の芸術」
立石寺と紫陽花

色鮮やかな紫陽花が咲く頃、
山寺と呼ばれる立石寺にも、
蝉の声がちらほらと聞こえだす。

300年以上前の今頃に、
芭蕉はここを訪れて有名な句を詠んだ。
「閑さや岩にしみ入る蝉の声」

目を閉じて頭の中でその句をなぞってみると、
眼前の光景と変わらぬイメージが浮かぶ。

17文字にこめられた言葉の芸術。
俳人の偉大さが心に響いた山寺の旅であった。



(JR仙山線 面白山高原~山寺間 2010年7月4日撮影)
JR仙山線 | 2010/07/05(月) 23:33 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。