カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
「日本一短いトンネル」
日本一短いトンネル

日本一短いトンネルとして
有名なJR吾妻線の「樽沢トンネル」

八ッ場ダム建設に伴い、
付け替え線へ移行するため廃線となった。

山塊にへばりつきながら走る列車に、
マフラーの様に被さるトンネル。

もう過去の光景になってしまったんだね。



(群馬県 JR吾妻線 長野原草津口〜川原湯温泉間 2014年9月6日撮影)
スポンサーサイト
JR吾妻線 | 2014/09/24(水) 23:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「失って気づく大切なもの」
失って気づく大切なもの

不動大橋、その高さ86メートル。

八ッ場ダム建設によって
新たに架けられた橋だ。

そこから見下ろす光景は、
まるでジオラマのよう。

でもダムを作らなければ
見る事の出来なかった光景。

しかしダム湖の底に沈みゆく運命。

失って気づく大切なもの。



(群馬県 JR吾妻線 長野原草津口〜川原湯温泉間 2014年9月6日撮影)
JR吾妻線 | 2014/09/21(日) 13:41 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「手抜きせず、やり過ぎず」
手抜きせず、やり過ぎず

手抜きせず、やり過ぎず、
絶妙なバランスで装飾された
機関車トーマス。

初秋の川根路をコトコトと
沢山の笑顔を運んで走り抜ける。



(静岡県 大井川鐵道 川根温泉笹間渡〜抜里間 2014年8月31日撮影)
大井川鐵道 | 2014/09/20(土) 09:53 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「C56健在」
C56健在

3年半ぶりの大鉄。
この夏より運行のトーマス狙いでやってきたが、
どうしてどうして、
ノーマルなSLも頑張っていて嬉しい。

夏休み最後の日曜日だったけど、
たくさんの子供たちを乗せて元気よく走っていた。

やっぱりたくさんのお客さんを乗せて走る列車は
生き生きとしていてかっこいい!



(静岡県 大井川鐵道 抜里〜川根温泉笹間渡間 2014年8月31日撮影)
大井川鐵道 | 2014/09/16(火) 23:02 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「流れる雲に」
流れる雲に

流れる雲に夢を浮かべ、
遠い世界に想いを馳せる。

始めは誰しも
思い描く景色は朧げなもの。

語るだけでは何も進まず、
忘れてしまば時が経つのみ。

しかし強い気持ちで挑み続ければ
いつか形となり理想に近づくはずだ。



(栃木県 わたらせ渓谷鐵道(旧足尾線) 間藤〜足尾本山間 2014年8月24日撮影)

ご注意)鉄道会社のツアーで保安要員が帯同したうえでの撮影です。管理者に無断で線路内に立ち入ることは禁止されており大変危険ですのでお止め下さい。
わたらせ渓谷鐵道 | 2014/09/12(金) 23:34 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「廃線跡を歩こうツアー」
廃線跡を歩こうツアー

わたらせ渓谷鐵道の間藤駅から先、
旧足尾線の足尾本山駅手前までの区間で、
「廃線跡を歩こうツアー」が開催された。

途中に落石があるものの、
線路や数々の鉄道施設はそのまま残っており、
往時の面影をじゅうぶん感じる事が出来た。

今回のツアーでは募集人数を大きく上回る応募があり
参加できなかった方のほうが多かったが、
今月末にもう一度開催される事になったので、
興味のある方は参加されてみてはいかがだろう。



(栃木県 わたらせ渓谷鐵道(旧足尾線) 間藤〜足尾本山間 2014年8月24日撮影)

ご注意)鉄道会社のツアーで保安要員が帯同したうえでの撮影です。管理者に無断で線路内に立ち入ることは禁止されており大変危険ですのでお止め下さい。
わたらせ渓谷鐵道 | 2014/09/08(月) 21:30 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「なんでひとりなの?」
なんでひとりなの?

今年の夏期休暇は新盆なので自宅で過ごした。
その合間に息抜きと思い束の間の一人旅。

高崎から上信電鉄に乗り終点の駅で下車をして、
近くの老舗旅館で昼食をとった時のエピソード。

女将のお嬢さんらしき幼い子供が話かけてきた。

いきなり「なんでひとりなの?」
の鋭いツッコミにうろたえる私。

「お嫁さんはどうしたの?」の追い討ちに
「お仕事で一緒に来れなかったの」と返答する僕。

「なんでお休みなのにお仕事しているの?」
と返され説明するのに四苦八苦。
妻を置いて一人旅をするのも大変であります。

旅は出会いと別れの繰り返し。
数年後にまだこの旅館が残っていたのなら、
もう一度このお嬢さんに再会してみたい、
そう思いながら帰路につく旅でありました。



(群馬県 上信電鉄 下仁田駅 2014年8月14日撮影)
上信電鉄 | 2014/09/07(日) 14:00 | Trackback:(0) | Comments:(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。