カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
「ひたちなか海浜鉄道開業5周年祭」
開業5周年

GW前半4月28日の日曜日、ひたちなか海浜鉄道の開業5周年祭に行ってきました。
年々盛況となるこのイベント、前年は過去最高の人出であったのですが
今年はさらに多くのお客様がいらしたそうでまたまた記録更新。凄いですね。

僕は前日に仕事を終えてから前夜祭という名の飲み会に参加。
1次・2次・3次と場所を変え朝の4時30分頃まで宴は続きました。

3時間ほど仮眠した後、那珂湊駅へと向かう途中に遅めの朝食を済ませてから
5周年イベントのひとつである鉄道写真家の広田泉さんのトークショーを満喫。

プレゼント

トークショーの中でのジャンケン大会、私が2種3個の賞品のうち2種2個をGETしてしまうハプニング。
ジャンケン大会に参加していただいた皆様、申し訳ございませんでした。空気を読めよって感じですね(^^;

なので、賞品を提供してくださった企業様の宣伝をさせていただきます!

サンディスクさんからSDカードExtreme16GB。
僕のカメラのCFもサンディスクさんのExtreme32GBが入っているのですが、
過酷な条件でタフに3年使っても未だノートラブル。
メモリーカードでトラブルなんて泣くに泣けないじゃないですか。
信頼のおけるサンディスクさんの商品は安心感があるので撮影に集中できます。
これって大事なことですよね。大切に使わせていただきます。

そしてパラゴンジャパンさんからb-glip EVO。
パラゴンジャパンさんの商品は泉の会の強化合宿で泉先生がご使用されていて、
このイベントで私も実際に現物を見てCOTTON CARRIER社のSTRAP SHOTという
バックパックのショルダーストラップにカメラを固定するタイプの商品を購入しました。
で、その時に気になっていたもう一つの商品がこのb-glip EVOなんです。
こちらは専用ベルトを腰にかけてホルダーにカメラを固定するタイプ。
どちらもカメラのホールド感が素晴らしく、飛んでも跳ねてもカメラが暴れません。
とても体にフィットするのでカメラの重さまで感じず目からウロコです。
5月のわたらせ渓谷鐵道「線路を歩こうツアー」内でブログ応募参加者さん対象の
撮影教室にも装着していきますので参加された方は是非ご覧になってみてください。



(茨城県 ひたちなか海浜鉄道 那珂湊駅 2013年4月28日撮影)
ひたちなか海浜鉄道 | 2013/04/30(火) 21:38 | Trackback:(0) | Comments:(2)
「S」
S

五線譜のようなレールの上を
右に左に華麗にswing!



(群馬県 わたらせ渓谷鐵道 上神梅~本宿間 2013年4月21日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2013/04/26(金) 22:00 | Trackback:(0) | Comments:(2)
「小さくて大きな贈り物」
小さくて大きな贈り物

ある日のこと、由利高原鉄道ITアドバイザーの山田氏から一通のメッセージが入る。
内容は由利鉄関連のブログ記事転載依頼であった。
久しぶりに由利鉄の公式Webを拝見させていただくと、
以前とは見違えるほどの豊富なコンテンツとその魅力に氏の熱意を感じ二つ返事で快諾。
そしてfacebookに隔日で転載記事が紹介され、先日その連載を終えた。

そんな事もあって2年前に由利鉄を訪れたときの頂き物を飾り棚から引っ張り出してみた。
左は矢島駅ご近所の方お手製の「おばこのしおり」を駅売店のまつこさんから頂いた。
右のふたつは矢島駅で切符を購入・乗車した際に由利鉄職員の方からいただいたもの。

ご覧になってわかると思うがこれらすべてが手作り。
土産物屋に並べばそれなりの値段がするであろう出来栄えだ。

この土地が大好きで誇りでもある人達の
あたたかな気持ちがこもった旅人への小さな贈り物。
でも未だに心に残る大きな大きな贈り物。
また旅しに行くからね。



(2011年5月3・4日 秋田県 由利高原鉄道 矢島駅にて頂戴した物)

由利高原鉄道沿線は何もないけれど失われた日本の風景がたくさん残る素敵な所です。
旅行のようにあわただしく観光せずに、のんびりと滞在してみてはいかがでしょうか?
由利高原鉄道 web    由利高原鉄道 facebook

由利高原鉄道 | 2013/04/25(木) 22:57 | Trackback:(0) | Comments:(4)
「風光る」
風光る

風光る草木の彩りに
穏やかに身をゆだねれば
目を閉じ思い出す遠い昔の里景色。



(千葉県 小湊鉄道 上総鶴舞~上総久保間 2013年4月7日撮影)
小湊鉄道 | 2013/04/19(金) 22:45 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「さわやかな風のように」
さわやかな風のように

華やかな極彩色とはちょっと違う
優しくやわらかな淡い色。
そんな清々しい景色の中を
さわやかな風のように列車は走る。



急行1号
(千葉県 いすみ鉄道 城見ヶ丘~大多喜間 2013年4月7日撮影)
いすみ鉄道 | 2013/04/16(火) 19:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「なごり花」
なごり花

爆弾低気圧がもたらした春嵐。
なごり花を散らし
木々の芽吹きを加速させた。
偉大なる万物のエネルギーをそこに感じた。



(千葉県 小湊鉄道 月崎駅 2013年4月6日撮影)
小湊鉄道 | 2013/04/13(土) 12:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「鉄的夜桜」
鉄的夜桜

鉄道好きたるもの、
夜桜も列車の灯りで見なければナラヌ。
な~んてことはないのだけれど、
一度はこんな写真に挑戦してみたかった。
想像の世界ではもっと綺麗にいくはずだったんだけれども…
まだまだ修行が足りないね。



 この撮影をしていてちょっぴり嬉しい出来事があったので少しお話させて下さい。

 じつは去年の同じ時期にもこの場所で僕は撮影をしていました。ちょうど夕暮れ時で一番いい色になった瞬間に列車がこなかったこともあったのですが、桜の木の隙間から真っすぐと伸びる線路に列車を置かず余韻をもうけ、あえて100%完成させた画にしないという写真を撮りました。

 それから一年後、同じ場所に行ってみると幾人かの人影が見えました。ご近所の方なのでしょうか、犬を連れて散歩中の女性がこちらに近寄り声を掛けてきます。「前方でカメラを構えている人は横浜からいらっしゃったみたいですよ」とか「昼間にも何人か撮影していましたよ」とか他愛のない会話ですが私たち撮影者に好意的な印象でした。
 さらにもう2人程見かけていたので近くにいた男性にご挨拶に向かいます。同じく他愛のない会話から始まりましたが、話を進めていくうちにこの場所に来るきっかけになったのはインターネット上で見つけた一枚の写真であったことがわかりました。
 JR両毛線は撮影者にとっては比較的マイナーな路線なのでこの場所はあまり有名ではありません。なので平日の夕暮れ時にこの場所で数人もの撮影者を見かけた記憶など僕にはないのです。こんな珍しい場所でいったいどんな写真を撮った人がいるのだろうと興味を持ちその方に伺いながら調べてみると、それは去年撮った僕のブログ写真でした。

 今まで数えきれない程の場所で撮影をしてきましたが、私の写真を見て列車に乗ってやって来たという方にその場で直接お会いすることなど一度もありませんでした。
 その写真を100%完成させた画にしなかった理由、それはこの場所に列車がきたらどんなに素敵だろうなと見てくださる方に想像して楽しんでいただきたかったからです。そしてその場に足を運んでいただけるように撮影地の駅間を掲載しています。具体的のどの場所で撮影したとまでは書かないのも、行ってみたいなと思った方に地図を見て調べる楽しみも一緒に味わっていただきたかったからです。自分で調べて計画するのも旅の醍醐味ですからね。

 そういった意味で、遠くから列車に乗って近くの駅で降り数十分程の距離を歩いてこの場に来てくださった方に出会えたという事は私にとって嬉しかった出来事なのでした。
 そして撮影地でご近所の方にも好意的に接していただける。これもご近所の方々のお人柄と撮影者のマナーが良いからなのでしょうね。これも嬉しいことです。


(栃木県 JR両毛線 佐野~岩舟間 2013年4月4日撮影)
JR両毛線 | 2013/04/12(金) 20:13 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「My Story」4
My Story 4

小学生の頃に切手収集がブームになったときがあった。
クラスメートは珍しい記念切手を必死に集めているのを横目に、
僕はと言えばありふれた普通切手を集めては悦に入っていた。

中学生になってからは鉄道ブームがやってきて、
カメラを片手によく列車を撮影したもの。
でも皆が追いかけるブルトレやL特急は撮りはしたが
僕の興味はもっぱら普通列車であった。

進学した高校は平均偏差値で入れる普通科高校。

高卒で社会人になり就いた職は製造業、
毎日同じことを繰り返し極めている地味な職人。



なんかね、このレールバスと被る自分がいる訳ですよ。

地味な事が好きなのでしょうねぇ。
目の前に敷かれたレールを進むように、
ありふれた日常の中で毎日コツコツと生きている、

でもだらだらと流されて過ごす事はしないですよ。
やりたい事は一心不乱にやり続ける。
地味な人間だからこそ成せる技なのかな?

だから僕は毎日幸せです。
今の自分のスタイルで人生を謳歌できるなら、
いつしかこの列車のように卒業を迎えても、
自信を持って人生をまっとうできたと誇れると思うから。



さよなら わ89-101号
(群馬県 わたらせ渓谷鐵道 小中~神戸間 2013年3月31日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2013/04/10(水) 19:15 | Trackback:(0) | Comments:(2)
お知らせ

このたび個人的ではありますが
鉄道利用の推進と鉄道写真撮影のマナー向上を目的とし
「乗って撮るふらり旅」と題して
わたらせ渓谷鐵道を舞台に撮影教室を開催
することにいたしましたのでお知らせいたします。

開催予定日 5月12日(日)9時頃より17時頃まで(途中参加・途中棄権 可)
集合場所 : わたらせ渓谷鐵道 大間々駅(予定)
参加費 : 無料 (一日フリーきっぷなどの乗車券の購入必須 各自負担のこと)
参加人数は先着順とし10名程度までの予定です。
※鉄道会社様には関係なくボランティアでの開催です。
お問い合わせは当ブログにお願いいたします。

詳細につきましては後日またご案内させていただきます。
ご質問や参加ご希望の方はコメントくださいませ(非公開でも可)
個々への非公開でのコメント返信はシステム上できませんのでご容赦くださいませ。

ふらりと休日列車旅 管理人 akabara (根本陽一)

お知らせ | 2013/04/08(月) 22:13 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「My Story」3
My Story 3

そんな生い立ちのレールバス、
毎日生活の足として使う地元の方にとっては
簡素な車両はけっして快適とは言えず、
休日の旅行者にとっても地味で面白みに欠ける車両である。

でも僕はそんなレールバスが愛おしい・・・

夏場ともなればその非力なエンジン故に
オーバーヒートになることもしばしば。
難所を控える駅では冷房を止めたり
ラジエターを冷やしたりと手間もかかる。

でも僕はそんなレールバスが愛おしい・・・



さよなら わ89-101号
(群馬県 わたらせ渓谷鐵道 大間々~上神梅間 2013年3月31日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2013/04/05(金) 21:42 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「My Story」2
My Story 2

富士重工業のLE-CarⅡベースの車体「わ89-101」
ローカル線向けにローコスト車として開発されたものだ。
車体の多くがバス部品の流用や改造であり、
そのため一般の鉄道車両と比べて全長が短く天井が低い。
車内においても整理券発券装置や運賃表示、
横スライド式の窓に折り畳み式の扉など、
その路線バスのような風体からレールバスとも呼ばれている。
故に耐用年数が短く24年の歳月をもって引退となってしまったのだ。



さよなら わ89-101号
(栃木県 わたらせ渓谷鐵道 原向~通洞間 2013年3月31日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2013/04/04(木) 20:13 | Trackback:(0) | Comments:(2)
「My Story」1
My Story 1

花冷えの小雨ぱらつく日曜日、満員の乗客を乗せた列車がやってきた。
この日で引退しラストランとなる「さよなら わ89-101号」だ。
前身の国鉄足尾線から国鉄再建の煽りを受けて平成元年に第三セクター化され
わたらせ渓谷鐵道の開業以来走り続けた生え抜きの列車である。



さよなら わ89-101号
(群馬県 わたらせ渓谷鐵道 大間々~運動公園間 2013年3月31日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2013/04/03(水) 12:51 | Trackback:(0) | Comments:(2)
次へ