カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
「置賜花回廊」
置賜花回廊

フラワー長井線と呼ばれるだけあって、
有名な桜の名木や白つつじ、ダリア、あやめなどに限らず
山形鉄道沿線にはいろいろな花が咲く。

訪れたこの日、路線の中心地である長井市の白つつじ公園で
ちょうど白つつじまつりが開催中であった。
列車と一緒に撮影すべく意気揚々と時庭駅にむかったが、
残念ながら白つつじは咲き始めで見頃には程遠かった。

その変わり例年より遅れて菜の花が線路脇に咲いていた。
まだ遠くの山々には残雪が見られるように今年は寒冬だったが
その影響だろうか、梅や桜に限らずどの花も遅れ気味。
500種100万本が咲くあやめ公園のあやめも遅れてしまうのかな。



(山形県 山形鉄道 おりはた~梨郷間 2012年5月20日撮影)
スポンサーサイト
山形鉄道 | 2012/05/28(月) 23:27 | Trackback:(1) | Comments:(0)
「究極のエコ」
究極のエコ

広大な水田にぽつりぽつりと点在する散居村。

各々が自分の農地のそばに家を構えるが、
そこには必ずといってよいほど屋敷林がある。

防風林として家を守るのは勿論のこと、
木々から取れる木材は建築資材になり、
枝葉は薪などの燃料や畑の堆肥に。
そして林には鳥や動物、
虫や昆虫など様々な生き物が生息する。

それらの生態系を守ることによって
結果としておいしいお米が出来る。

無駄のない究極のエコ。
先人達の知恵は馬鹿に出来ない。



(山形県 山形鉄道 時庭~南長井間 2012年5月20日撮影)
山形鉄道 | 2012/05/25(金) 22:28 | Trackback:(1) | Comments:(0)
「春はあけぼの」
展望台へと続く山道を進むほどに周囲の木々が高くなり、
いつの間にか漆黒の闇になっていった。
そのせいだろうか、邪魔な光が届かないこの場所から空を見上げると
シャンデリアのような星のきらめきが目に飛び込んでくる。
真夜中でも暗闇になることのなくなってしまった今、
これほど多くの星に包まれた夜空を見るのは何十年ぶりだろう。
展望台にたどり着くと水入れされた田んぼからカエルの大合唱が聞こえてくる。
てんてんとある散居村の明かりは蛍のようにまばたいている。
夜明けが近づくと薄明かりに照らされた水田が姿を現した。
なんて素晴らしい景色なのだろうか。
思わず学生時代に古典の授業で習った随筆が頭に浮かんだ。

春はあけぼの1

「枕草紙」の第一段

春はあけぼの。
やうやう白くなりゆく山ぎは、
すこしあかりて、
紫だちたる雲の細くたなびきたる。

春はあけぼの2

置賜(おきたま)の春はまさにその言葉どおりだ。

日の出が早いこの季節、
米坂線の一番列車が通過する頃、
今度は朝靄に輝く銀色の世界へと変わっていた。

やはり「春はあけぼの」である。

春はあけぼの3



1・2枚目の写真 山形県飯豊町・長井市方面
3枚目の写真(山形県 JR米坂線 萩生~羽前椿間 2012年5月20日撮影)
JR米坂線 | 2012/05/22(火) 23:52 | Trackback:(1) | Comments:(0)
「初夏の渓谷で」
初夏の渓谷で

渡良瀬川をさかのぼり
県境を越えた足尾にも
木々が芽吹き渓谷を彩る。



トロッコわっしー号
(栃木県 わたらせ渓谷鐵道 沢入~原向間 2012年5月13日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2012/05/20(日) 12:45 | Trackback:(1) | Comments:(2)
「風薫る」
風薫る

対岸の林道から見える線路脇の小さな滝。
四季折々の美しさはあるが、
「風薫る」この時期がいちばん輝いて見える。



(群馬県 わたらせ渓谷鐵道 小中~神戸間 2012年5月5日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2012/05/17(木) 23:28 | Trackback:(1) | Comments:(0)
「あの場所はいま…」
あの場所はいま…

あの場所は今どうなっているんだろう…
などと記憶の断片を繋ぎ合わせながら
遠い昔を思い返すことが多くなった。

だがあまりの変化に昔の記憶を呼び戻せないことがある。
これはとても不幸せなこと。

少し前までなら10年は経たないと変わらなかったことが
今や1年などと凄まじいスピードで変化してしまう世の中である。
このままでは僕の心が壊れてしまいそうだ。

だからこそ昔の記憶を探しに
旅を続けているのかもしれない。



トロッコわっしー号
(群馬県 わたらせ渓谷鐵道 中野~小中間 2012年5月5日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2012/05/14(月) 23:27 | Trackback:(1) | Comments:(0)
「緑のグラデーション」
緑のグラデーション

流れる雲から晴れ間がのぞいて
雨がやんだ一瞬の隙に
波立つ川面がぴたりと落ち着く。

草・木・水・鉄橋
様々な緑色が織りなす
水彩画のようなグラデーション。

自然がつくる美しさにはいつも驚かされる。



(群馬県 わたらせ渓谷鐵道 神戸~沢入間 2012年5月4日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2012/05/11(金) 21:05 | Trackback:(1) | Comments:(0)
「雨あがりの渓谷で」
雨あがりの渓谷で

川霧薄くなる雨あがりの渓谷。

稜線からこぼれる朝の日差しを浴びて、
芽吹き始めた木々の葉と、雨に濡れた岩肌が、
神々しく輝きだした。



(群馬県 わたらせ渓谷鐵道 水沼~花輪間 2012年5月4日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2012/05/09(水) 21:44 | Trackback:(1) | Comments:(2)
「夜が明けて」
夜が明けて

夜明けとともに
纏わりついた霧を振り払い
淡い色の新緑が姿を現す。

やがて始発列車が通り過ぎるも
雨音だけが鳴り響く渓谷の朝。



(群馬県 わたらせ渓谷鐵道 小中~神戸間 2012年5月4日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2012/05/07(月) 22:55 | Trackback:(1) | Comments:(0)
「祝 開業4周年!」
ひたちなか海浜鉄道 開業4周年

GWの初め4月29日の日曜日は
ひたちなか海浜鉄道で開業4周年イベントが催されました。
勝田10:05発2両編成の列車は身動きがままならないほどの乗車率。
吉田社長も同乗し、さおりんごさんの車内アナウンスにのって列車は快走。
那珂湊駅目指してお祭りムードは一気に高まります。
去年できなかった分、きっと皆さんも心待ちにしていたのでしょうね。

広田泉トークショー

那珂湊駅では鉄道写真家 広田泉さんのトークショーが
2番線に留置された列車内で開催されていました。
初夏の日差しに心地よい風が入る車内、
その両脇を列車が適度な頻度で通り抜けてゆくという
鉄道好きにはたまらないシチュエーションの中での6時間に及ぶトーク。
広田泉さんを始め 関係者の方々 参加された皆さん、大変お疲れ様でした。

そして駅構内にあるキハ203の車内では
「Raiway Graphic D.E.F.」さん 主催の写真展
「鉄道写真家たちが見た情景」が開催されました。
みなさん素晴らしい作品ばかりで良い刺激を受けました。

湊線はおととしの開業2周年にも伺ったのですが
今年は格段と大盛況だったのではないでしょうか。
来年、再来年といつまでも活気のある湊線であることを願っております。



(茨城県 ひたちなか海浜鉄道 勝田駅 那珂湊駅 2012年4月29日撮影)
ひたちなか海浜鉄道 | 2012/05/06(日) 19:51 | Trackback:(1) | Comments:(0)
「残したいもの」
残したいもの

いつの頃からだろうか、
ひと昔前ならどこにでもありそうな
何気無い風景に惹かれるようになった。

そこには手つかずの自然ではなく
人の手によって維持・管理されているものがあった。

そして目の前の光景から
人の温もりを無意識のうちに感じとりながら
日々の疲れを癒されている自分に気がついた。

殺伐とした空気が漂う現代、
こんな里の風景が少しでも戻ってくれば
人の気持ちや考え方が変わってくるのかもしれない。



(群馬県 わたらせ渓谷鐵道 本宿~水沼間 2012年4月8日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2012/05/05(土) 08:13 | Trackback:(1) | Comments:(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。