カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
「負の遺産」
源五郎沢堆積場付近

東北関東大震災の一週間ほど前、僕はわたらせ渓谷鐵道の原向駅にいた。
その原向駅から渡良瀬川の下流へと進み、わ鉄の小さな鉄橋の下をくぐると源五郎沢堆積場にでる。
入口は固く閉ざされ関係者以外立ち入り禁止となっているこの堆積場には、
足尾銅山から出た汚泥や鉱滓(こうさい)と呼ばれる産業廃棄物などが堆積されている。
鉱山はすでに廃鉱となっているが堆積物は今もこの地に眠っているのである。

そして2011年3月11日、北関東の山間にまで大地震が襲ってこの堆積場の土砂が流出。
崩落した土砂は線路を埋めつくしただけでなく、下を流れる渡良瀬川まで達した。
一時は川の水から環境基準の2倍となる鉛が検出されたという。
大地震による土砂崩落は天災であるが、堆積物は負の遺産であり水質汚染は人災だともいえる。
だが幸いにもその翌日には基準値以下となり事なきを得た。

さて、地震と津波によって福島第一原発の事故による影響が今も続いているが、
こちらの事故は遙かに規模が大きく次元が違う話だ。
今後事態が収拾したとしても海や地上に放出された放射性物質の処理が問題となるであろう。
その処理の仕方を誤って未来に先送りされた負の遺産が、
将来流出してしまい新たな被害を引き起こす事にならなければよいのだが。



 写真の列車が走っている辺りの土手の上一帯に源五郎沢堆積場があります。
その堆積物が列車が見える辺りに崩落して線路を塞いでしまったのだそうです。
一日も早い復旧を願ってやみません。


4月1日追記 : 無事に復旧し4月1日から全線で通常運転されています。

(わたらせ渓谷鐵道 沢入~原向間 源五郎沢堆積場付近 2011年2月19日撮影)
スポンサーサイト
わたらせ渓谷鐵道 | 2011/03/29(火) 22:42 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「前向きに」
原向駅の朝

徐々にだが被災地のライフラインが復旧するも、
大震災が引き起こした傷跡はあまりに深く心が痛む。
思えば地震のあった3月11日の夕暮れ時、
停電した街並みが夕陽に照らされ異様に赤く染まっっていた。

あの日程悲しく見えた夕焼け空とその街並みは一生忘れることができないであろう。
だがこのまま立ち止まっていてはいけない。生きるためには前に進まななければならない。

撮影に出かけるにはまだ気持ちの整理がつかないが、
大震災から半月を過ぎたいま、前向きになるためにも更新を再開しようと思う。



 3月27日現在、わたらせ渓谷鐵道では沢入~原向駅間で起きた東北関東大震災による土砂崩れの為、神戸~間藤間がバスによる代行輸送となっております。
無事に復旧し4月1日から全線で通常運転されています。最新の情報をよく確認してからお出かけください。

(わたらせ渓谷鐵道 原向駅 2011年3月5日撮影)


わたらせ渓谷鐵道 | 2011/03/27(日) 18:03 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「朧月夜」
朧月

優しく夜空に浮かぶ朧月。
街の明かりが消えて気づいた月あかりの力強さ。
暗闇なんて続かないし、明けない夜はない。



今まで当たり前だと思っていた日常が、
一瞬で変わってしまった大震災。
とても多くの人たちが心も体も傷ついて
今なお必死に耐え続けている。

原発事故を止めようと決死の覚悟で作業している人たち。
生存者を一人でも多く救助しようと頑張っている人たち。
被災地に物資を一刻も早く届けようとしている人たち。
少しでも被災地に燃料を送ろうと節約している人たち。
そして義捐金を募ったり寄付をする人たち。

行政だけでなく民間の企業も個人も、日本中が、そして世界中の人々がついている。
災害は尊い生命や財産を奪っても、残された私たちの心までは奪えないんだ。

東北・関東・長野県栄村の被災者の皆さん、どうか絶対にあきらめないで。
世界中の人たちの愛を信じて頑張ってください。



(2011年3月18日撮影)
独り言 | 2011/03/19(土) 22:53 | Trackback:(0) | Comments:(0)
地震について

地震発生当時、僕は栃木県で仕事中でしたが
身の危険を感じるほどの大きな揺れを感じました。
幸いケガなどは無く僕は無事です。

亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、
被災された方々にお見舞い申し上げます。

お知らせ | 2011/03/11(金) 19:49 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「神の梅」
上神梅駅の梅

ここは群馬県みどり市大間々町の神梅地区。
神梅とかいて「かんばい」と読む。

その神梅地区にあるわたらせ渓谷鐵道の
上神梅(かみかんばい)駅の梅が随分とほころんで
ところどころポップコーンのようにポコポコと咲いていた。

神梅で咲く梅・・・神の梅?
何やら縁起よさそうな感じである。

そんな梅の花が
うららかな日和ただよう古い駅舎のホームで
ささやかな彩りを添えて乗客達を見送っていた。

上神梅駅の梅の花



(わたらせ渓谷鐵道 上神梅駅 2011年3月5日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2011/03/10(木) 12:52 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「生命の息吹」
冬枯れの木々

わたらせ川沿いの渓谷では所々に残雪が見える。
だが冬枯れだった木々の枝先が少し芽吹き始めている。
よく見れば先月までとは山の色が少し違っていた。

そういえば今朝、近所のたんぼでカラスの大群が地面をつついていた。
きょうは啓蟄(けいちつ)、
地面の暖かさに冬ごもりしていた虫たちが穴から這い上がってくるとされる季節。

気がつけばそこかしこから生命の息吹が感じられた早春の休日であった。



(わたらせ渓谷鐵道 沢入~原向間 2011年3月5日撮影)
わたらせ渓谷鐵道 | 2011/03/06(日) 16:40 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「岩木山」
岩木山

青森県で津軽富士と呼ばれ親しまれている
なだらかな稜線が美しい岩木山。
五能線はこの岩木山をぐるりと半周まわるようにして走っている。

そして本日(2011年3月5日)東北新幹線に「はやぶさ」がデビューした。
東京から新青森まで最短で3時間10分とアクセスが良くなり、
これまで以上に注目されるエリアになるだろう。



(JR五能線 越水~陸奥森田間 2010年5月2日撮影)

JR五能線 | 2011/03/05(土) 23:32 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「わさお」
わさおの家

 ここは青森県西津軽郡の鰺ヶ沢町、五能線の鰺ヶ沢駅と鳴沢駅の間。その五能線と国道101号線がクロスする日本海に面した道路沿いに「菊谷商店」がある。
 鰺ヶ沢町はイカ焼きのお店が多数あり、この「菊谷商店」もイカ焼きで有名なお店なのだが、ブサかわの秋田犬「わさお」の登場により更に有名になった。そして3月5日(土)の今日、その秋田犬が主役の映画でその名もズバリ「わさお」が公開になった。僕が訪れた去年の春は、残念ながら「わさお」が不在であったが、映画の中で楽しませてもらおう。

菊谷商店

 肝心のイカ焼きの味であるが、これはもう文句なくウマイ。
 ひとつだけ困るのは、その菊谷商店に面する国道の前後がいつも大渋滞という事だけである。


(青森県西津軽郡鰺ヶ沢町 菊谷商店 2010年5月2日撮影)

JR五能線 | 2011/03/05(土) 23:31 | Trackback:(0) | Comments:(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。