カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
「老いてゆく事」
老いてゆく事

竹内まりやさんが歌う「人生の扉」
という素敵な曲があるのだが、
僕も五十路が近づくにつれ
その歌詞と同じ思いが重なってくる。

老いてゆく事は止められない。
ならば生きる過程を大事にしたい。
そう、各駅停車で旅するように。



(福島県 会津鉄道 湯野上温泉~塔のへつり間 2013年5月4日撮影)
スポンサーサイト
会津鉄道 | 2013/05/19(日) 19:21 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「赤ぽっぽ」
赤ぽっぽ

箱庭の中を走るおもちゃのようなAIZUマウントエクスプレス号。

緑の築堤をトコトコ走る真っ赤な列車を見ているだけで

自然と子供のようにワクワクしてくるからたまらない。

で・・・

ネコ駅長ばす

「ネコ駅長ばす」がいることで有名な芦ノ牧温泉駅で

この列車を模した木製のおもちゃ「赤ぽっぽ」を販売していたのを思い出した。

ばすに会いに行ったら赤ぽっぽをお土産に買ってにゃん。



1枚目 AIZUマウントエクスプレス号
(福島県 会津鉄道 湯野上温泉~塔のへつり間 2013年5月3日撮影)
2枚目 ネコ駅長ばすと赤ぽっぽ
(福島県 会津鉄道 芦ノ牧温泉駅 2012年6月2日撮影)
会津鉄道 | 2013/05/14(火) 20:14 | Trackback:(0) | Comments:(2)
「旅って何」
旅って何

旅と旅行の違いってなんだろう。

旅…行程に縛られず自由に動いて楽しむもの
   点と点の間の線を楽しむイメージ  
 (個人あるいは少人数になる事が多い)

旅行…効率的に行程を決めて観光地などの見どころを巡るもの
   点と点を結ぶような移動をするイメージ
 (2人以上で団体になる事が多い)

こんな風に僕は思っているんだ。
どちらが楽しいと思うかはその人の好みや考え方次第だけれど
僕は常に旅をしたいと思ってる。

これを自分の人生に置き換えてみる。
効率と結果を求めた仕事をしていて、
客先への移動も煩わしく感じている。
困ったことに旅行寄りな部分が多い生活なのかも知れない。
でもその分を余暇で旅してバランスをとっているのかな?
日々の考え方・行動の仕方を変えて
仕事を旅よりにシフトできたら幸せになれる気がすると思う。

さてさて僕の写真、もう少し旅寄りにしないと作品にはならないですね。
だってこの写真も旅行寄りだもの。
今年の目標、もっと自由に撮って作品と呼べるようなものを生み出すぞぉ!



(福島県 会津鉄道 湯野上温泉~芦ノ牧温泉南間 2013年5月3日撮影)
会津鉄道 | 2013/05/10(金) 20:06 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「朝焼けに」
朝焼けに

朝焼けに

染まる山肌

初夏の風



(福島県 会津鉄道 会津下郷~弥五島間 2013年5月4日撮影)
会津鉄道 | 2013/05/07(火) 23:27 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「花鳥風月」
花鳥風月

以前NHKのブラタモリという番組でタモリさんが
花鳥風月の順に嗜好が変わるにつれ年寄り度が増していくと言っていた。

この写真のような画風が今の僕の嗜好なので、
まだ年寄り度は進んでいないと思っていたのだが、

過去の作品を見回してみると花を絡めた写真が実に多い…
モチーフだけど鳥もいた…
風を意識した写真もチラホラ…
よく見ると月まであるではないか… orz

すでに老人嗜好にどっぷりと浸かっていた(笑
ええい、こうなったら「花鳥風月」全開で撮りまくるぞ~!



(福島県 会津鉄道 湯野上温泉~芦ノ牧温泉南間 2013年2月17日撮影)

「花鳥風月」タモリ説   気になった方は (花鳥風月 年をとる)で検索を
会津鉄道 | 2013/03/14(木) 19:30 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「不安と安心」
不安と安心

激しく降り続く雪が、
周囲から音と色彩を奪ってゆく。

やがて静寂と白黒だけの世界に変わり、
不安な気持ちが広がりだす。

でも列車が通り過ぎる瞬間、
その殺伐とした世界を打ち破って
感じる人の気配にほっとする。

鉄道が通じてるって事だけで
こんなにも安心できるんだよね。



(福島県 会津鉄道 塔のへつり~湯野上温泉間 2013年2月16日撮影)
会津鉄道 | 2013/03/12(火) 22:24 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「会津の夜に」

およそ半年ぶりに旅にでた。

じつは去年の同じ時期同じ場所にきっぷと宿の手配をしていたのだが、
前日に身内が倒れやむなくキャンセルとなってしまった。
それ以来、心のどこかで引っかかっていたのだろうか、
旅の再開の地として選んだのがここ福島県の会津地方である。

早朝の列車にもかかわらず会津田島行きの快速列車は満員状態で、
宇都宮を過ぎた辺りからちらほらと日陰に積雪が見られ、
鬼怒川温泉に着いた頃には雪が舞っていた。
会津田島で列車を乗り換え
塔のへつり駅で下車する頃にはご覧の通りの大雪である。

会津の夜に

早々と撮影を切り上げて
15時には湯野上温泉の宿に入り、
冷えた体を癒すことにした。

夕食を済ませてから宿の人に駅まで送っていただき、
そこから無料シャトルバスで「なかやま雪月火」の会場へと向かう。

雪月火

バスを降りて会場へと歩き出すと、
幻想的な光景が目に飛び込んできた。
雪で作った窪みに2013本のろうそくが燈され
月明かりのなかで揺らめいている。

ネガティブになりかけていた僕の心に
雪月火の灯りが深く染み渡る。
色々な思いが交錯し
思わず頬をつたった涙は
すぐに寒風に落とされ消えていった。



(福島県 会津鉄道 塔のへつり~湯野上温泉間 2013年2月16日撮影)
会津鉄道 | 2013/03/09(土) 00:37 | Trackback:(0) | Comments:(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。