カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
「この駅の未来は?」
松代駅
(長野電鉄 屋代線 松代駅)

2012年4月1日に廃止が予定されている長野電鉄の屋代線。
長野県千曲市の「屋代駅」と須坂市の「須坂駅」とを結ぶ全長24.4㎞のローカル線で、
この区間にある中心的な駅がここ長野市松代町にある「松代駅」である。

千曲川からほど近い松代駅の裏手にはかつて武田信玄が築城したとされる「海津城」があった。
武田信玄と上杉謙信との戦いで有名な「川中島」が近くにあったため、
戦の重要拠点として幾多の戦いの舞台にもなっている。

「海津城」は江戸時代に入り真田信之が初代藩主となってから後に「松代城」と名を改め、
廃藩置県によって「廃城」となるまでのおよそ250年間、「真田家」が代々藩主を務めてきた。
現在では「松代城跡」となって綺麗に整備され昼間には自由に見学もできる。
駅から数分の所には「旧真田邸」も残っており、その名残を今に伝えている。

汽車ポッポ歌碑
(汽車ポッポ歌碑)

そんな松代駅舎前の植え込みには、松代町出身である草川信さん作曲の童謡「汽車ポッポ」歌碑がある。
「汽車ポッポ」の歌詞には実はこんな曰くがある。
元々は「兵隊さんの汽車」というタイトルで富原 薫さんによって作詞された。
第二次世界大戦が開戦となった年に作詞された当初の歌詞は戦時色が強かったため、
戦後になって歌詞が改められ現在のような形の童謡「汽車ポッポ」となった。
教科書にも載る程よく歌われていたので幼いころ歌った記憶があるが、
旅好きである僕は今聞いてもワクワクした気分にさせてくれる。

戦国の世に戦の舞台となったこの場所で、
廃城となった城が城址となって今に残る。

第二次世界大戦下に作られたその歌詞が、
戦後になって平和的な歌詞に変えられ歌碑が残る。

来年には廃線となって閉鎖されてしまうこの駅の未来は
果たしてどうなってしまうのだろうか。

たとえ廃線・廃駅は避けようがなかったとしても、
後に人々に愛され慕われ続けるような形で残ってほしい。



(長野電鉄 屋代線 松代駅 2011年6月5日撮影)
スポンサーサイト
長野電鉄 | 2011/07/29(金) 22:01 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「急坂の先に」
急勾配を下る列車

信州中野から湯田中までの区間、
たくさんのリンゴ畑の中を
最急勾配40‰で走る長野電鉄長野線。

線路の先が見えないほどの急坂の先に
遠く霞んで見えた志賀高原の裾野がとても印象的でした。



(長野電鉄 長野線 上条駅付近 2010年9月19日撮影)
長野電鉄 | 2010/09/28(火) 22:01 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「秋の便り」
上条駅付近

りんごも色づき始めて秋らしくなりました。
今年は猛暑で台風も少な目。
このまま無事に収穫できるといいな。



(長野電鉄 長野線 上条駅付近 2010年9月19日撮影)
長野電鉄 | 2010/09/21(火) 17:56 | Trackback:(0) | Comments:(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。