カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | --/--/--(--) --:-- | |
「奥羽山脈」
仙山線 八ツ森~奥新川間 

野鳥のさえずりを聞きながら、
林道の片隅でしばし列車を待ち受ける。
やがてレールを叩く列車の走行音が
厚い雲に覆われた遠くの山並みからこだまする。
突然トンネルを抜け出た列車が
鉄橋を渡る間の一瞬だけ顔を覗かせた。
そしてすぐに深い山の中へと消えて行った。

仙台と山形を結ぶ仙山線。
しかし、その間には列島を二分する奥羽山脈が立ちはだかる。
山以外に何も見当たらない程の奥地に、
線路を敷いた先人達の偉大さを実感した。



(JR仙山線 八ツ森~奥新川間 2010年7月4日撮影)
スポンサーサイト
JR仙山線 | 2010/07/10(土) 12:48 | Trackback:(0) | Comments:(2)
ローカル線の旅 「仙山線」#1 ~山形市内街歩き 「紅の蔵」~
風情ある路地

 今日は七夕ですね。

 七夕飾りと大きな蔵が見え風情があるこの場所は、山形駅から徒歩10分の距離にある「山形まるごと館 紅の蔵」の建物横の小路なんです。

 色とりどりの短冊に書かれた願い事は地元の園児が書いたらしく、微笑ましい内容が多くてついつい見入ってしまいました。

山形まるごと館 紅の蔵

 この「紅の蔵」は昨年オープンしたばかりで、山形の観光情報や特産品の販売、そしてカフェや郷土料理も味わえるおそば屋さんなどが併設されています。

 注目なのはその建物で、実際に使用されていた紅花商人の母屋や蔵が使われている事です。趣のある外観と、中に入れば懐かしい佇まい。建物を見るだけでも十分満足されると思います。

高瀬地区の方による紅花プレゼント

 そして、今回訪れた7月4日には高瀬地区の皆さんから先着100名に紅花のプレゼントがありました。4名の紅花娘(高瀬地区のお嬢さん)も駆けつけて建物の中庭はいっそう華やかでした。

そば処「紅山水」

 ちょうどお昼時になったところで、頂いた紅花を片手にお蕎麦屋さん「紅山水」に寄ってみました。

 注文したのは「紅花入り漢方米そばランチ」¥950
その内容は「すずしろそば」「紅花入り漢方米」「なすの漬物」「すいかの漬物」「さくらんぼ」と山形らしい郷土料理が満載でした。
「すずしろそば」は始めてでしたが、いわゆるぶっかけそばで、大根・みょうが・しそなどがのったお蕎麦に直接つゆをかけて食べます。暑い夏には結構いけますね。「紅花入り漢方米」は紅花のかすかな香りに玄米がマッチして上品なお味でした。

 季節感のあるメニューに満足し、山形の味をまたひとつ知りました。

 紅花商人の建物の中で満開の紅花と紅花娘に囲まれ、最後には紅花まで食して、まさに紅花づくしの旅となりました。


(すべての写真 「山形まるごと館 紅の蔵」 2010年7月4日撮影)
JR仙山線 | 2010/07/07(水) 23:43 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「言葉の芸術」
立石寺と紫陽花

色鮮やかな紫陽花が咲く頃、
山寺と呼ばれる立石寺にも、
蝉の声がちらほらと聞こえだす。

300年以上前の今頃に、
芭蕉はここを訪れて有名な句を詠んだ。
「閑さや岩にしみ入る蝉の声」

目を閉じて頭の中でその句をなぞってみると、
眼前の光景と変わらぬイメージが浮かぶ。

17文字にこめられた言葉の芸術。
俳人の偉大さが心に響いた山寺の旅であった。



(JR仙山線 面白山高原~山寺間 2010年7月4日撮影)
JR仙山線 | 2010/07/05(月) 23:33 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「紅花の里」
紅花

ホームの片隅に咲いたベニバナの花。
奥羽山脈のふもと、山に囲まれた静かな里を、
年に一度だけ華やかに彩る可憐な花である。



 ここは山形県山形市の高瀬地区。アニメの舞台にもなった「紅花の里」として有名なところです。
 駅に到着してみると、早朝にもかかわらず駅前にずらりと車が並んでいました。何事かと思いきや、よく見ると地元の方々が集まり駅周辺の草刈りをしていました。この高瀬地区では毎年紅花の咲く頃に、今年でなんと25回目を数える「山形紅花まつり」が開催されます。(2010年は7月10・11日)そのお客さんを迎えるためのお手入れだったのですね。

高瀬駅 紅花の花壇

 そしてホームには花壇の中に綺麗に咲いた紅花が植栽されていました。 ここで列車を待ちかまえて撮影していると、先ほどまで草刈りをされていた方もカメラを片手に列車を撮っていました。その方に伺った話では、時期にあわせてなかなか咲いてもらえないが、今年はタイミングよく見頃を迎えてくれそうだと言う事です。
 みなさんも一度訪れてみてはいかがですか? 映画のように長閑で美しい風景と、気さくでやさしい地元の方々がお待ちしてますよ。詳しくはこちらで。

 尚、山形市内の「山形まるごと館 紅の蔵」にもおじゃましてきましたので、その様子はのちほどご紹介させていただきます。

(JR仙山線 高瀬駅 2010年7月4日撮影)
JR仙山線 | 2010/07/04(日) 19:22 | Trackback:(0) | Comments:(1)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。