カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
530Club
当サイトでは 鉄道写真家 広田泉氏の530(ゴミゼロ)Club に賛同しています
ランキング参加中
クリックして頂けると励みになります。よろしくお願いします。
にほんブログ村 鉄道ブログへ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR
FC2カウンター
「感謝」
感謝

突っ走るように進んできた日々、
立ち止まって周りを見てみると、
僕を支えてくれる沢山の人がいた。

来年は人の支えとなれるような自分でありたい。

2012年12月31日 akabara




独り言 | 2012/12/31(月) 21:59 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「黙祷」
いまだ復興はおろか被害が収束しない
未曽有の大震災より一年後の今日この時間。
亡くなられた方々に哀悼の意を込め黙祷いたします。

独り言 | 2012/03/11(日) 14:45 | Trackback:(1) | Comments:(0)
「生きるということ」
生きるということ

被災した方々、私の家族、ご覧になっている皆様、そして自分に・・・今年最後に贈る言葉です。


大震災で被災した方々や余命宣告された私の家族を目の当たりにして、
生きるという事の意味を深々と考えさせられた一年でありました。

人生どんなに努力しても失ってしまうのを止められない事があります。
生きていくのがつらく大変に思う時期もあるでしょう。
でもそこで諦めてしまったら前に進むことが出来ないのも事実です。
喜びや幸せも生きていなければ感じることができません。

枯葉の下で動物や自然の脅威にさらされながら、
いつ命絶えてもおかしくない今年根付いたばかりの小さな枝葉…
懸命に成長し続けた結果、立派に紅葉していました。

ネガティブに考えていると恐怖に捉われ現実から逃避してしまいがちです。
つらい局面でこそポジティブにそして強い意志を持ち、
素直に自分の心に従って生き続けるしかありません。
そうすれば失ってしまったものの数だけ得られるものがあるはずです。

そのうえで、長くも短くも最後まで人生をまっとう出来るという事は
じつはとても幸せなことなのだと思います。

2011年12月31日 akabara



(2011年11月20日撮影)
独り言 | 2011/12/31(土) 22:57 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「朧月夜」
朧月

優しく夜空に浮かぶ朧月。
街の明かりが消えて気づいた月あかりの力強さ。
暗闇なんて続かないし、明けない夜はない。



今まで当たり前だと思っていた日常が、
一瞬で変わってしまった大震災。
とても多くの人たちが心も体も傷ついて
今なお必死に耐え続けている。

原発事故を止めようと決死の覚悟で作業している人たち。
生存者を一人でも多く救助しようと頑張っている人たち。
被災地に物資を一刻も早く届けようとしている人たち。
少しでも被災地に燃料を送ろうと節約している人たち。
そして義捐金を募ったり寄付をする人たち。

行政だけでなく民間の企業も個人も、日本中が、そして世界中の人々がついている。
災害は尊い生命や財産を奪っても、残された私たちの心までは奪えないんだ。

東北・関東・長野県栄村の被災者の皆さん、どうか絶対にあきらめないで。
世界中の人たちの愛を信じて頑張ってください。



(2011年3月18日撮影)
独り言 | 2011/03/19(土) 22:53 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「謹賀新年」

あけましておめでとうございます。
今年は新しいことにチャレンジしていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

akabara

独り言 | 2011/01/01(土) 20:17 | Trackback:(0) | Comments:(2)
「お礼」
雪の沢入駅

大晦日になって今年一年を思い返してみる。
良かったことも悪かったことも数えきれないほど沢山あった。
手に入れたものの数だけ、失ってしまったものもある。

でもね・・・
悪かったことも、失ってしまったものも、
その時は悲しくつらいかも知れないけれど、

良かったことや手に入れたものが、
人生にとってかけがえのないものになるのなら
嫌だと思っていたことなんて、
後になってみれば、ほんの些細なことでしかないんだよね。

また来年、嫌な出来事がいっぱいあったとしても、
心から喜べるものがあるのなら、
それだけで僕の人生はハッピー♪





今年立ち上げたばかりなのに1万アクセスを超えるほど
多数の方々にご覧いただきましてありがとうございました。

僕のブログを見てハッピーになってくれる人が
ひとりでも増えてくれることを願って、これからも頑張って記事を書いていきます。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様、良いお年を!



(わたらせ渓谷鐵道 沢入駅 2010年2月13日撮影)
独り言 | 2010/12/31(金) 23:10 | Trackback:(0) | Comments:(0)
よい天気とよい一日
北越谷駅
(北越谷駅 2008年3月30日撮影 古い写真しかなかったので申し訳ない)


 昨日(4月17日)と打って変わって、今日は雲ひとつ無い快晴の良い天気だった。撮影に向かわれた方はさぞかし素晴らしい写真が撮れた事であろう。僕も列車旅に出かけたくてうずうずしていたのだが、今日は予定があったので仕方なく諦めた。
 実はぼくはJリーグの浦和レッズ創設以来、休日さえ合えば必ずスタジアムへ足を運んでいる。そして今日は埼玉スタジアムで試合がある日なので東武伊勢崎線の北越谷駅まで行って、そこからシャトルバスでスタジアムに向かうという予定があったのである。そうか、これも立派な列車旅なのかも知れない。
 その北越谷駅へ来たときに必ず立ち寄るラーメン店があるので紹介しよう。改札を抜けて左側(西)に進むと徒歩3分くらいの道路沿い左側に「とんこつラーメン ありんこ」というお店がある。ここのマスターはとても気配りがよく元気でやさしい方なので、いつ立ち寄っても気持ち良く食事ができる。その味はというとスープは背脂チャッチャ系なのだが、見た目ほどあぶらっぽくなくあっさりしているので女性客が多いのもうなずける。メニューも豊富で一通りのものがトッピング出来るし、さらには麺の固さや脂の量、味の濃さまで細かく指定することもできるので、自分好みの味で楽しむことが可能である。ちなみに僕は「ネギ味噌チャーシュー」一筋でもう8年くらい通っている。
 今日は午後2時過ぎと昼間の閉店時間(午後3時)前の繁忙時間に来店したので満席で混みあっていたが、マスターの手捌きが素晴らしく早いので特に長く待った感じはしなかった。だが店員さんに混雑だったのを幾度となく詫びられてしまって、逆にこちらのほうが恐縮してしまった。そして僕が最後の客になってしまって、マスターにこっそりと裏メニューをサービスしていただいた。賄いに作ったものらしく確かにメニューには載っていないものだったが、口の中で噛まずにとろける(詳しいことは内緒 皆さんゴメン)至極の味を堪能させてもらった。(マスターありがとう)
 ここのマスターも浦和レッズを応援しているので、僕と浦和レッズにエールを送るマスターの声を背中越しに聞きながら店を後にしてスタジアムへと向かった。そして試合は3-0で勝ちチームも首位となり最高の一日なのであった。
独り言 | 2010/04/18(日) 22:58 | Trackback:(0) | Comments:(2)
撮影者の皆さまへひとこと
今日の小湊鉄道「飯給駅」は桜が開花して始めての日曜日という事もあり、朝の6時前の時点ですでに15人くらいはいました。
列車が来る頃には50人は軽く超えていて、昼間はもっと大勢の方々が撮影に訪れていたことだと思います。

飯給駅に限ったことでは無いですが、道路を塞いで路上駐車する人や、路上や線路の敷地内まではみ出して三脚や脚立を置いて撮影する人、それに列車が通過していない内に騒ぎ出したり移動を始めたりする方々が増えています。
挙句の果てには植物や畑を踏み荒らして行く人までいます。
僕は「里見・飯給・上総大久保駅」で、たった一日のあいだにこのすべての行為を目にしました。

言うまでも無い事ですが私たちは住民の方々の生活空間にお邪魔させていただいているのです。こんな素敵な景観を長い時間を掛けて築きあげたり保全をして下さるのは鉄道会社や地元の方々なのです。

幸いにも小湊鉄道といすみ鉄道沿線の住民の方々は、昔ながらのふれあいと人情をもって私たちに接してくれています。

しかし今のままでは先人達が築き上げてきた信用が何時崩れてもおかしくないのが現状だと思うのです。
そうなれば地元の方との会話が無くなり、やがては旅情も消えていく。そしてこの美しい風景や雰囲気に接することができなくなってしまいます。

僕は日本を旅する間に身に染みて実感したのですが、すでにそうなってしまった所が少なくありません。

どうかこの素晴らしい日本の風景をこれ以上無くさないで下さい!

そういう行為をする心無い人が旅情をテーマにするこのページを目にするはずは無いと思いますが、この様な人たちに遭遇したらその場で注意してあげてください。ひとりで言いづらければ周りの方々を巻き込んで言ってあげてください。

僕も率先して行動します。
私たちの手でこの素晴らしい日本の風景を守ってあげましょう。

(akabara)
独り言 | 2010/04/04(日) 19:57 | Trackback:(0) | Comments:(0)
鉄道写真家・中井精也の“1日1鉄”!!
中井精也さん
(トークイベント中の中井精也さん)

今日は鉄道写真家の中井精也さんのトークライブに行ってきた。
氏は時刻表の表紙やJR・私鉄各社のカレンダー・広告などの写真を手掛けるプロのカメラマンである。
しかしそういった商業写真だけでなく、ゆる鉄などの新たな分野にも挑戦し続けており、「一日一鉄」というブログは1日に1万アクセスを越えたこともある程の人気なのである。このトークライブはそのブログの裏話や撮影のエピソードなどを中心に進められた。


注)詳しい内容は後日追記します。ごめんなさい



東京カルカルとブログ本
(会場の東京カルチャーカルチャーとブログ本)




ちょっと「一日一鉄」風に(笑)

3月28日(日)
店内のプラレール

青や金のカクテルビルの間を3両編成の485系が通り抜けて行った。
バックに新緑のサラダを添えて。

EOS7D/東京カルカル線



中井精也さんと筆者
(中井精也さんと筆者)




(すべての写真 2010年3月28日撮影)
独り言 | 2010/03/28(日) 22:45 | Trackback:(0) | Comments:(0)
「冬」か「春」か
「冬」か「春」か

いよいよ明日から3月だ。
今度の週末は何処へいこうか。
名残惜しい「冬」を求めて北上するべきか…、
待ち遠しい「春」を求めて南下するべきか…。


(写真左 大井川鐵道 家山~抜里間 2010年2月21日撮影) 
(写真右 わたらせ渓谷鐵道 神戸~沢入間 2010年2月13日撮影)
独り言 | 2010/02/28(日) 22:55 | Trackback:(0) | Comments:(0)